【ワールドゲームズ|ラクロス】2022年のワールドゲームズに出場する男子8チームが決定!

2022年にアメリカのバーミンガムにて開催されるワールドゲームズにラクロスで出場するチームが遂に決定しました!
ワールドゲームズの大会は、東京オリンピックが2021年に延期となったことにより2021年→2022年に延期となりました。大会開催まであと1年と10カ月!
日本が6対6のラクロスにどこまで順応できるのか、そしてワールドゲームズでどこまで力を発揮できるのか、、、楽しみですね。

<出場チーム>
◆男子ラクロス
オーストラリア/カナダ/ドイツ/イギリス/イラコイナショナル/イスラエル/日本/アメリカ

◆女子ラクロス
女子は2021年の世界大会での上位8チームがワールドゲームズに出場予定
※ホーデノソーニーも対象

出場チームが決定するまで様々なニュースがありました。
ニュースの詳細はラクプラメインサイトの方で公開予定です。

ワールドラクロスのニュースはこちらから:https://worldlacrosse.sport/article/world-lacrosse-announces-teams-for-mens-lacrosse-competition-at-twg-2022-iroquois-nationals-accept-invitation-to-compete/

2022年のワールドゲームズについて

◆大会期間:2022年7月7日~17日
◆開催地:アメリカ・アラバマ州・バーミンガム
◆ラクロスの大会ルール:男女それぞれ6対6 ※男女でルールは多少異なる予定
◆出場チーム
 男子ラクロス:オーストラリア/カナダ/ドイツ/イギリス/イラコイナショナル/イスラエル/日本/アメリカ
 女子ラクロス:未定

2017年のワールドゲームズについて

◆大会期間 女子ラクロス競技:2017年7月26日(水)~30日(日)
◆開催地:ポーランド共和国・ヴロツワフ市

◆実施競技
 <公式競技>27競技
  エアスポーツ、アーチェリー(フィールド)、ビリヤード、ブールスポーツ、
  ボウリング、カヌー(ポロ)、ダンススポーツ、フィストボール、フロアボール、
  フライングディスク、体操、ハンドボール(ビーチ)、柔術、空手道、
  コーフボール、ラクロス、ライフセービング、ムエタイ、オリエンテーリング、
  パワーリフティング、ローラースポーツ、スポーツクライミング、スカッシュ、
  相撲、綱引、水中スポーツ、水上スキー・ウエイクボード

 <公開競技>4競技
  アメリカンフットボール、キックボクシング、ローイング、スピードウェイ

  ※ワールドゲームズにおけるラクロス競技の実施は今大会が初

◆出場チーム:アメリカ、オーストラリア、カナダ、イングランド、日本、ポーランド(開催国)

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。